お葬式の費用とスタイル

女性

埼玉県には故人の意思を反映した葬儀をプロデュースしてくれる葬儀社があります。格安なプランや個性的なプランなどがあり、故人や遺族の希望通りのお葬式ができます。一括見積もりサイトを使えば見積もりは無料です。

詳細を確認する...

安くできるお葬式

進むコンパクト化

葬儀

お葬式とは本来、最初に通夜を行い葬儀へ、そして告別式という流れで行うものですが、近年は東京都などを中心にお葬式全体が縮小化されています。昔は人が亡くなった日の夜に仮通夜、その翌日に本通夜を行って読経やお焼香をしていましたが、今は2時間ぐらいで儀式を終わらせる半通夜が主流となっています。また、通夜から告別式まですべて同日に済ませる一日葬という葬儀スタイルも人気です。一日だけなので式場のレンタル料を節約でき、葬儀にかける時間や葬儀にかける費用を節約できます。煩わしい宗教的儀式を排除した無宗教葬や、家族中心の家族葬、儀式を一切行わない直葬など、参列者を最小限にとどめて行う簡単なお葬式が今後当たり前になっていきそうです。

コストカットするには

一般的なお葬式を一通り行うと、200万円近くの葬儀費用がかかると言われています。しかし、直葬など火葬だけ行うスタイルなら30万円以下の費用に抑える事ができます。東京では三分の一の人が直葬を行っているというデータがあります。東京だけにとどまらず、全国的にお葬式のコストカット化の流れが進んでいます。お葬式を安くしたい時に役立つのが公営斎場です。市区町村などの自治体が運営している式場・火葬場なので、居住者なら安く借りることができます。葬儀社や寺院が運営している民営斎場を借りると一日20万円以上はしますが、公営斎場なら5万円〜10万円程で借りられます。東京都には火葬炉が施設内にある公営斎場もあり、コンパクトにお葬式ができます。

いろいろな送られ方

葬儀

千葉で葬儀業者を選ぶときには、対応が誠実で丁寧な業者を選ぶことが重要です。また、その地域の葬式事情をよく知っている業者を選ぶのも重要なことで、その地域にあった葬式を上げることも大切なことになってきます。

詳細を確認する...

死後の供養を考える

男性

東京でも少子高齢化が進み単身家庭や老夫婦のみの家庭が多くなっています。自分たちの死後のことを考えるとき、死んだあとの供養は自分たちでという考えが出てきます。寺や霊園ではこのような人が多くなってきたことから、納骨堂を設けて供養を行っているところも現れてきました。

詳細を確認する...